HOME > 評価制度とキャリアパス制度のちがい

評価制度とキャリアパス制度のちがい

  • 補助金情報
  • STAR 介護経営戦略室
  • 高齢者住宅.com
  • デイ経営ドットコム
  • amazonにて予約受付中!! あの看護施設はなぜ、地域一番人気になったのか!!
  • amazonにて絶賛発売中!! ディズニ流!みんなを幸せにする「最高のスタッフ」の育て方
  • 介護施設でキラリと光る人財を集める方法 介護採用コンサルタント 近藤麻耶のブログ
  • facebook 介護採用コンサルタント 近藤麻耶

一般的な「評価制度」と「キャリアパス制度」は
そもそも全く別ものです!!

「評価制度」と「キャリアパス制度」を、混同して設計しているケースが、介護業界には多々見受けられます。
例えば、下記をご覧ください。このシートの、どこに間違いがあるかわかりますか?

到達レベル 充分にできる 今一歩 できていない
明るく、笑顔で挨拶をしている      
会議で積極的に発言している      
排泄介助の基本ができる      
ベッドから車椅子に安全に移乗できる      

実は上の項目、赤字が、一般的な評価制度として使われる項目。青字が「キャリアパス制度」で使われる項目です。
違いは、赤字は普段の行動を評価するものですが、青字は、技術レベルを測定するものです。

この違いを具体的にお伝えしましょう。

一般的な評価制度とは

「評価制度」とは、半年、一年と決められた期間での「意識・行動」を評価するものです。具体的には、「~している」という言葉で表現することができます。

評価制度

ですから、評価の結果が、上がったり下がったりします。
例えば、先ほどの赤字の項目で「笑顔」などはそうでしょう。非常に評価の結果が良かった人でも、次の年にはモチベーションが下がって、低い評価になってしまうこともあり得るということです。

ですから、ベテランであったり、役職者だからといって評価が高くなるわけでもありません。入社したばかりの新人でも、高評価を得るチャンスは充分にあります。

キャリアパス制度とは

それに対して、「キャリアパス制度」とは、個人の能力・技術・知識・資格レベルを評価するものです。言葉にすると、「~できる」と表現することができます。
能力や知識は、段々と増していくものですから、階段を1段ずつ、登っていくようなイメージです。

キャリアパス制度

また、 「キャリアパス制度」での評価は、まず、下がることはありません。「去年まで入浴介助ができていた人が、今年急にできなくなった」ということは、余程のことがない限り、ないはずです。

このように「評価制度」と「キャリアパス制度」は、活用する目的が違います。それらを混同してしまうと、正当な評価ができなくなります。皆さんの施設は、大丈夫ですか?

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら