HOME > 採用力強化のポイント

採用力強化のポイント

  • 補助金情報
  • STAR 介護経営戦略室
  • 高齢者住宅.com
  • デイ経営ドットコム
  • amazonにて予約受付中!! あの看護施設はなぜ、地域一番人気になったのか!!
  • amazonにて絶賛発売中!! ディズニ流!みんなを幸せにする「最高のスタッフ」の育て方
  • 介護施設でキラリと光る人財を集める方法 介護採用コンサルタント 近藤麻耶のブログ
  • facebook 介護採用コンサルタント 近藤麻耶

なぜ、求人広告の反応が低いのか?

最近「求人をしても応募がほとんどない」という声を、よく聞きます。しかし、ポイントをおさえて求人活動をするだけで、レスポンスが向上することは、よくあります。
まずは、下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 求人広告の内容は「職種」、「給与」、「待遇」が中心
  • ホームページには「募集要項」のみが掲載されている
  • 新卒採用と中途採用と同じ内容の説明会を実施している
  • 法人説明に「入居者(利用者)向けパンフレット」を使用している
  • 自社の就職メリットを伝えていない

1つでも当てはまったら、
一刻も早く対策を練る必要があります!

ポイント1 職員育成を目的にする

人手が足りなくなると、すぐに「求人広告を見直そう」と考えがちですが、伝え方よりも、伝えるべき内容(自施設の魅力)について見直した方がよいかもしれません。

当たり前のことですが、いくら求人広告を出しても、求職者にとって魅力的でないと、選ばれるわけがありません。

  • 他社との違いは何か」
  • 「御社に就職した時のメリットは何か」
  • 「3年後、5年後のキャリアステップは?」

このような質問に明確に答えられる法人様は、まだまだ少ないのが現状です。

求人広告を出す前に、自施設のアピールポイントが明確になっているのか、必ず確認してください。

ポイント2 現場の中堅スタッフを交えて議論

ある調査の結果によると、実に9割の学生が、企業のホームページを参考にして、就職先を決めているそうです。最近ではスマートフォンが普及して、比較的年齢層が高い人でも、インターネットにアクセスすることが普通のことになりつつあります。つまり、ホームページは、求職者のほぼ全員が目にする、採用活動の「要」となるツールなのです!

スマートフォン&パソコン

さて、皆さんの施設のホームページには、どのような情報が掲載されていますか?
募集職種や給与など、「待遇」や「勤務条件」のみになっていませんか?

もしそうであれば、待遇面で比較されるということになります。その点で、他社と大きく変わらなければ、それ以上の情報がない施設を、「選んでください」と言うのは無理な話です。

ホームページで「採用情報」を充実させるのは、基本中の基本と言えるでしょう。

ポイント3 シンプルな制度を目指す

ホームページや広告、採用ツールに共通する重要なポイントの1つは「先輩スタッフの声を伝える」ということです。

ダイエットマシーンを思い浮かべてください。必ず「体験者の声」が掲載されていると思います。購入を迷っている人が、「体験者」見て、「こんな風になったらいいな」と考えるから、購入に踏み切るのです。

ダイエット

それと同様に、求職者の学生や社会人は、自分がその会社に入ったら、どうなるだろうということを知りたいのです。ダイエット消費で「体験者の声」を伝えるように、求職者には「先輩の声・姿」を伝えて、自分の入社後の未来を想像してもらいましょう。

合同説明会などでよく見かける失敗の1つに、「入居者向けのパンフレット」を、メインの資料として渡していることがあげられます。

入居者目線の情報からは、「未来の自分」は想像できなくて当然ですね。

未来の自分

ここまで、採用力強化のポイントの、ごく一部をご紹介しました。
以下に、弊社の採用支援メニューをご紹介いたします。

ホームページ作成 ホームページは「採用ツールの要」です。効果的なデザイン、レイアウト、内容のご提案をいたします。
採用広告
パンフレット戦略
新聞折り込みなどの求人広告やパンフレットには「絶対に外してはならないポイント」があります!数多くの競合他社の中で、キラリと輝く広告やパンフレットをご提案いたします。
自社説明会
プロデュース
殆どの場合、自社説明会が入職の決め手となります!「何をすればよいのか」「説明会の流れはどのようにするのか」準備からアフターフォローまでサポートします。
合同説明会
プロデュース
合説は、上手く活用すれば、様々な分野の学生を集めることができます。数々の合説を見てきたコンサルタントが合説成功の秘訣をお伝えします!
面接対策 「間違った採用」をしてしまえば、早期退職を招き、膨大なコスト・労力・時間を失うことになります。どのような質問をすればいいのか?人材見極めの方法は?面接官の研修も含めてサポートします。
内定後フォロー 内定を出したからといって、入職するとは限りません!戦略的なアフターフォローで確実に入職できるようにサポートします。
人件費調査 基本給・手当の内訳や、エリア別の給与額の比較など、ご希望に応じて分析をいたします。単に金額だけではなく、エリアや法人様に合わせた「効果的な給与額の見せ方」もご提案いたします。

上記内容以外にも、個々の施設に応じた支援を行っております。
採用活動についてお困りの法人様は、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら